肩甲骨 柔軟性 ストレッチ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

肩甲骨をダイナミックに動かせるようにして体幹のパワーを有効に使う

肩甲骨まわりの筋肉の柔軟性を高め、肩甲骨が自由に大きく動けるようにすることで、体幹のパワーをより有効に腕や下半身に伝えることができるようになると言われています。
肩甲骨をダイナミックに動かすようなストレッチで可動範囲を広げる効果が期待できます。

 

水泳のコーチによる肩甲骨ストレッチの動画。
肩甲骨を外旋させる運動です。
肩甲骨の可動域を広げることは、水泳では特に大切ですね。

 

こちらは内転させるトレーニングです。

 

肩甲骨を上下させるトレーニング。

 

応用編。
肩甲骨を前後・上下・回転と、あらゆる方向に動かしています。

 

こちらの動画は、ストレッチではなく、肩甲骨を意識的に動かすトレーニングです。
バレエの先生による解説です。

 

「肩甲骨がはがれている!」と言ってもいいくらい肩甲骨まわりがグニャグニャに動いている動画。
ここまで可動範囲が広がれば完璧です。